【高卒公務員試験】政治・経済のおススメ教材(無料オリジナル教材も提供)【社会科学】

当ページのリンクにはプロモーションが含まれています。
【高卒公務員試験】政治・経済のおススメ教材(無料オリジナル教材も提供)【社会科学】

高卒公務員試験では、政治・経済はきちんと勉強すれば確実に点数が伸びる科目。

優先度が非常に高い科目です。

 

大学受験ほど難しい問題は出ないです。出題傾向もハッキリしています!

でも、どんな教材で勉強すればいいのでしょうか?

大卒公務員試験用の問題集や、大学受験用の問題集を使うと非常に効率が悪いです。

高卒公務員試験には、高卒公務員試験に適した教材があります。

教材選びで間違えると、せっかくの努力が無駄になってしまうことも・・・

 

高卒公務員指導歴10年以上、元・専門学校公務員科教員の僕が高卒公務員試験に適した政治・経済の教材を紹介します!

当サイト独自の教材も、無料提供!

プロフィール紹介画像

X(Twitter)しん@元・専門学校の公務員科教員

目次

初級スーパー過去問ゼミ 社会科学

政治・経済の対策なら、まずはこの一冊!

 

まずはこの一冊から始めるのがおススメです。

高卒公務員試験の参考書に定評がある実務教育出版が出しています。

出典 実務教育出版

最大の特徴は、掲載されている問題が全て過去問ということ。

 

高卒公務員試験の対策では、過去問がとても大切!

他の科目でも過去問を解くことは大事ですが、政治・経済は特に大事。

理由は、『過去問と同じポイントが何回も出題されている』から。

同じような引っ掛けパターンも何度も出されています。

例えば、裁判所の種類を問う問題。

こんな風に出題される

裁判所には、最高裁判所と下級裁判所があり、下級裁判所には、高等裁判所、地方裁判所、家庭裁判所、行政裁判所がある。

 

下級裁判所の1つが、「行政裁判所」になっているのは何度も出ているパターン。

正しくは「高等裁判所」、「地方裁判所」、「家庭裁判所」、「簡易裁判所」です。

過去問を解いていると、『下級裁判所4つ(高等裁判所、地方裁判所、家庭裁判所、簡易裁判所)を覚えておくことが重要なんだ!』と、勉強のポイントがわかります。

 

まずはスーパー過去問ゼミで、問題のレベルと出題傾向をつかみましょう!

 

ただ、このテキストの弱点もあります。

初級スーパー過去問ゼミ 社会科学の弱点

①掲載されている問題だけでは、演習量としては不十分。

②政治・経済の仕組みを理解するには、解説が不十分。

弱点① 掲載されている問題だけでは、演習量としては不十分

スーパー過去問ゼミの弱点は、問題数が少ないこと

これだけでは演習量は足りないです。

スーパー過去問ゼミに載っている問題以外でも、頻出の問題があります。

 

足りない分は『過去問350シリーズ』で演習量を増やして対応しましょう。

国家一般職[高卒・社会人] 教養試験 過去問350

地方初級 教養試験 過去問350

高卒警察官 教養試験 過去問350

弱点② 政治・経済の仕組みを理解するには、解説が不十分

政治・経済の勉強は、仕組みを理解することが大事。

初級スーパー過去問ゼミ 社会科学には『要点のまとめ』がありますが、この解説だけで理解するのは結構厳しいかと思います(政治・経済が得意な人は、『要点のまとめ』だけでも大丈夫かもしれません)。

しっかりと仕組みを理解するためには、解説が詳しい参考書を利用することをおススメします。

おススメは『蔭山の共通テスト政治・経済』

 

『蔭山の共通テスト政治・経済』で足りない理解を補強!

弱点があるとはいえ、初級スーパー過去問ゼミ 社会科学は一番のおススメ

初級スーパー過去問ゼミ 社会科学には弱点もありますが、最初の一冊としては間違いなくおススメ

ある程度学力がある人にとっては、この一冊だけでも十分です。

 

まずは初級スーパー過去問ゼミ 社会科学から始めて、足りないところは別のテキストで補強しましょう。

過去問350シリーズ

 

過去問350は、高卒公務員試験を目指す人の必須アイテム!

できれば3冊とも買うことをおススメします。

3冊すべての政治・経済を解くことで、合格に必要な演習量を確保できます

もともと政治・経済が得意なひとは、この3冊をやるだけでも合格レベルに達します。

政治・経済以外の科目でも、公務員試験の対策では過去問を解くことが非常に重要。

過去問を解くことで・・・
  • 「どのぐらいのレベルまで学習が必要か?」が分かる。
  • 現状の自分の実力が把握できる。
  • 試験に出やすいポイントが分かる。
 

高卒公務員試験では、過去問と同じポイントが何回も聞かれています!

蔭山の共通テスト政治・経済

『かなり暗記したのに点数が伸びない』『過去問を沢山解いたのに模試の成績がイマイチ』という人は、仕組みを理解が足りていないことが多いです。

仕組みを理解することが大事

政治・経済の勉強は、仕組みを理解することが大事。

特に経済の需要・供給、金融政策、財政政策などは、その仕組みを理解することが重要です。

政治・経済の『仕組み』を理解していないと・・・

・『かなり暗記したのに点数が伸びない』

・『過去問を沢山解いたのに模試の成績がイマイチ』

となることが多い。

 

このテキストで、政治・経済の『仕組み』を理解しましょう。

大学受験用のテキストですが、高卒公務員試験の対策でも使えます。

会話形式で読みやすく、図表でもわかりやすく解説しています。

内容も充実していて、公務員試験の受験者には充分な内容。

蔭山の共通テスト政治・経済の特徴
  • 大学受験用だが、高卒公務員試験の勉強にも合っている。
  • 説明がとても詳しい。
  • 会話形式で読みやすい。
  • 図表がわかりやすい。
  • 高卒公務員試験の政治・経済の学習には充分な内容
 

説明が詳しく、政治・経済の仕組みを理解するには最適のテキスト。

蔭山の共通テスト政治・経済を使うときの注意点

 

このテキストの全部をやろうと思わないこと!

このテキストは、大学受験用です。

高卒公務員試験では出ないような、細かい部分も掲載されています。

全部をやろうと思わなくて大丈夫。全部やるとむしろ効率が悪いです。

蔭山の共通テスト政治・経済に書かれていることを暗記しようとしなくていいです。

まずは過去問で、高卒公務員試験で出やすいところ・出ないところを把握するのが大事

憶えるのはスーパー過去問ゼミや過去問350でやり、蔭山の共通テスト政治・経済は『理解』するために使いましょう。

 

高卒公務員試験で出やすいポイントを、『理解』するために使いましょう。

蔭山の共通テスト政治・経済には憲法条文の穴埋めがありますが、高卒公務員試験向けではありません。以下で、当サイトオリジナルの憲法対策の教材を無料提供します。

日本国憲法

政治の問題では、日本国憲法からの出題が非常に多いです。

 

日本国憲法の対策は大事!

憲法は頻出!

例えば、以下のような出題がされています。

 

『国会』からの出題ですが、A~Dは全て日本国憲法に書かれていること。

解答と解説

正解は『2  A、E』です。

A 条約の締結権は内閣にあるが、事前又は事後に国会の承認を必要とする。

第七十三条  内閣は、他の一般行政事務の外、左の事務を行ふ。  条約を締結すること。但し、事前に、時宜によつては事後に、国会の承認を経ることを必要とする。

B 国の決算は国会の審査を必要としないが、予算については、国会の議決が必要である。

第九十条  国の収入支出の決算は、すべて毎年会計検査院がこれを検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない。

C 衆議院及び参議院で内閣不信任決議案が可決された場合、内閣は10日以内に両議院を解散しないかぎり、必ず総辞職しなければならない。

第六十九条  内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。
(内閣不信任決議権があるのは衆議院のみ。参議院にはない。)

D 両議院に国政全般について監督する権限が与えられており、弾劾裁判所を設置して国務大臣の職務上の義務違反等を審査することができる。

第六十四条  国会は、罷免の訴追を受けた裁判官を裁判するため、両議院の議員で組織する弾劾裁判所を設ける。(弾劾裁判所は、裁判官を裁判するための機関。)

E 内閣は広く行政権の行使について、国会に対して連帯責任を負っている。また、内閣総理大臣は、国会議員の中から国会が指名する。

第六十六条  内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する。 内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負ふ。
第六十七条  内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。この指名は、他のすべての案件に先だつて、これを行ふ。

 

穴埋め形式で出題されることもあります。

これは、日本国憲法第60条と第61条、第69条からの問題。

解答と解説

正解は1です。

A 「条約の承認」

第六十条  予算は、さきに衆議院に提出しなければならない。予算について、参議院で衆議院と異なつた議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、 衆議院の可決した予算を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて三十日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

第六十一条  条約の締結に必要な国会の承認については、前条第二項の規定を準用する。

B 「内閣不信任の決議」

第六十九条  内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したとき は、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。(内閣不信任決議権があるのは衆議院のみ。参議院にはない。)

日本国憲法は頻出!

 

有効な対策は、条文を覚えておくとです。

条文を全部暗記しないといけないんですか?

 

全部を暗記しなくても大丈夫です。

試験で問われるポイントは、ある程度決まっています。

高卒公務員試験で重要なポイントだけを覚えておけば大丈夫です。

オリジナル無料教材

条文を覚えるには、どんな教材を使えばいいですか?

 

僕の知る限りでは、市販の教材で高卒公務員試験に対応した良い教材がありません。

蔭山の共通テスト政治・経済にも憲法条文の穴埋めがありますが、高卒公務員試験向けではありません。

 

そこで、僕が作った教材を提供します。

以下で、当サイトのオリジナル教材『くろぬり日本国憲法』を提供します。利用料はかかりません

黒塗りになっているところが、高卒公務員試験で重要なところ。

 

黒塗りになっているところを覚えましょう!

なんで穴埋め問題の形式じゃなくて、黒塗りなんですか?

 

自分で黒塗り部分を増やせるからです。

黒塗り部分を、自分で増やして活用することもできます。

僕が教材で黒塗りにしたところ以外でも、過去問などを解いていて、教材で黒塗りになっているところ以外でも覚えたほうがいいと思ったところは、自分で黒塗りにして、カスタマイズできます

『くろぬり日本国憲法』の注意点

『くろぬり日本国憲法』は、過去問を一通り解いた後に利用することをおススメします。

理由は、試験に出るポイントを意識して覚えないと、効果が薄いからです。

 

第六十九条を例に説明します。

第六十九条  内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

『衆議院で不信任の決議案を可決し・・・』と単に暗記するのはNG。

『内閣不信任決議案は、衆議院だけ!参議院は無い!』と意識しながら暗記がOK。

実際に出題された問題には以下のようなものがあります。

衆議院及び参議院で内閣不信任決議案が可決された場合、内閣は10日以内に両議院を解散しないかぎり、必ず総辞職しなければならない。

単に暗記しただけだと、『参議院』の記述が解答のポイントになってることに気づきません。

 

出題のポイントを意識しながら覚えることが大事!

出題のポイントを把握するために、まずは過去問に取り組むことをおススメします。

憲法を耳で覚える

他の科目の勉強もあるし、部活もあって忙しくて憲法を勉強する時間がありません(泣)

高卒公務員試験の勉強は多くの科目があり、部活やアルバイトをしている人にとっては勉強時間を確保するのが大変ですよね。

 

audibleを使えば、スキマ時間で効率よく学習可能!

時間を上手に使って憲法の勉強するのに、audibleで勉強する方法があります。

あわせて読みたい

audibleは、いつでもどこでも聴くだけで読書ができるオーディオブック

audibleに日本国憲法を朗読したものがあります

これを使えば、通学時間やスキマ時間を使って学習することができます

audibleを使った学習はとても効率よく学習できるのですが、残念ながら有料です。

月会費は1,500円。

 

有料なのが欠点・・・。

 

ただ、期間限定の無料体験があります。

2022年7月25日までは、アマゾンプライム会員は3カ月無料プライム会員以外の方は30日間無料

 

無料体験が期間限定なのは、学習にはむしろ好都合。

日本国憲法の勉強に、半年、1年と掛けられるでしょうか?

日本国憲法は、社会科学の政治分野の一部。高卒公務員試験に合格するためには、他の科目の勉強時間も必要です。

他の科目とのバランスを考えると、日本国憲法だけに沢山の時間を使うわけにはいきません。

ダラダラと勉強するよりも、『無料期間内で集中して学習する』方が効果的です。

 

無料体験中に解約すれば、無料で学習可能!

audibleをおススメする人
  • スキマ時間を上手く使って勉強したい人
  • 部活やアルバイトで時間が無い人
  • 無料期間中に集中して学習できる人

アマゾンプライム会員は3カ月無料、プライム会員以外の方でも30日間も無料期間があります

 

30日、毎日聞けば憲法の学習は十分でしょう。

\ 無料期間あります /

診断

あなたに最適な講座を診断

\簡単全3問/

①どっちを重視?

二問目:どっちが当てはまる?

三問目:合格したいのは?

三問目:通信?通学?

三問目:通信?通学?

あなたには「クレアール」ル警察官・消防官コースがおススメ

警察官・消防官コースがある

低価格で受講できる

模試・面接対策も講座に含まれている

面接対策までフルサポート!続けられる・合格できる通信講座

  

クレアール公式サイトはこちら>>

 
クレアール公式サイトを見る

もう一度診断する

あなたにはアガルートがおススメ

低価格でさらに割引あり

スキマ時間で効率的な学習が可能

フォロー制度も充実

低価格で充実のフォロー制度!この価格で作文添削、模擬面接もあり!

>>

期間限定10%OFF

もう一度診断する

あなたにはアガルートがおススメ

低価格でさらに割引あり

スキマ時間で効率的な学習が可能

フォロー制度も充実

低価格で充実のフォロー制度!この価格で作文添削、模擬面接もあり!

>>

期間限定10%OFF

もう一度診断する

あなたには「クレアール」がおススメ

低価格で受講できる

「安心保証」で受講期間が1年間延長できます

模試・面接対策も講座に含まれている

面接対策までフルサポート!続けられる・合格できる通信講座

  

クレアール公式サイトはこちら>>

 
クレアール公式サイトを見る

もう一度診断する

あなたには「クレアール」ル警察官・消防官コースがおススメ

警察官・消防官コースがある

低価格で受講できる

模試・面接対策も講座に含まれている

面接対策までフルサポート!続けられる・合格できる通信講座

  

クレアール公式サイトはこちら>>

 
クレアール公式サイトを見る

もう一度診断する

あなたには「 資格スクール 大栄 」がおススメ

全国に直営校50拠点以上

「通学」・「オンライン」が選べる

二次試験対策がかなり充実してる

充実の二次対策!面接や作文が苦手な人には大栄がおススメ!

  

>>

 
公務員受験ガイドブックがもらえる

もう一度診断する

あなたには「クレアール」地方初級・国家高卒併願コースがおススメ

地方初級・国家高卒併願コースがある

低価格で受講できる

模試・面接対策も講座に含まれている

面接対策までフルサポート!続けられる・合格できる通信講座

  

クレアール公式サイトはこちら>>

 
クレアール公式サイトを見る

もう一度診断する

あなたには「 資格スクール 大栄 」がおススメ

全国に直営校50拠点以上

「通学」・「オンライン」が選べる

二次試験対策がかなり充実してる

充実の二次対策!面接や作文が苦手な人には大栄がおススメ!

  

>>

 
公務員受験ガイドブックがもらえる

もう一度診断する

まとめ

  • 『初級スーパー過去問ゼミ 社会科学』がおススメ。
  • 『過去問350』で演習量を増やす。
  • 『蔭山の共通テスト政治・経済』で仕組みを理解。
  • 日本国憲法は頻出。
  • 日本国憲法の条文を勉強しておくことも大切。

以上、社会科学のおススメ教材を解説してきました。

 

社会科学は得点が伸びやすい科目なので、がんばりましょう!

目次